傘の窃盗罪・罰則は法律上…

傘を盗まれた場合、
警察に被害届を出せば、
犯人は処罰されるのか。

窃盗罪の罰則は法律上、

「10年以下の懲役または
50万円以下の罰金」

“窃盗罪が成立するが、
証拠集めが難しい”

結局は泣き寝入り
ということになるのか?

やはり窃盗罪は…

「現実には、難しいでしょう」
というのが、弁護士の回答。

【”wet ball (ウエットボール)”】
詳しくは…👇クリック
●“傘は肌身離さず持ち歩く”

傘を盗まれにくくする方法

「ビニール傘ならパクってもいいだろう」
という風潮。

ビニール傘は他人に持って行かれる
宿命にあるといっても過言ではないだろう。

比較的安価で手に入るうえに、
どれも同じような見た目をしている。

同じような形のものを持っている人に、
間違われても仕方がないのだ。

たかが数百円とはいえ、窃盗には変わりないし、
なによりも傘を持ってきた自分が雨濡れ、
傘を持って来なかった見知らぬ相手が
のうのうと傘をさすなんて言語道断。

そんな傘泥棒対策
「絶対に盗まれない傘」を考える。

どのようにすれば盗まれなくなるのでしょうか。

・店内に持ち込む
これは一番の防犯ですね。
常に携帯する。

傘立てに入れず肌身離さずが一番。

【”wet ball (ウエットボール)”】
詳しくは…👇クリック
●“傘は肌身離さず持ち歩く”